科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!
 H-IIBロケット試験機打ち上げ成功!
 2009年9月11日(金)2時01分46秒に、宇宙ステーション補給機「HTV」技術実証機を載せたH-IIBロケット試験機を、種子島宇宙センターから打ち上げた。

 H-IIBロケット試験機は正常に飛行し、打ち上げ約15分10秒後に「HTV」を分離した事を確認した。

 今後、HTV技術実証機は国際宇宙ステーション(ISS)へ徐々に接近し、18日(金)にISSに結合する予定。地球を秒速約7.7キロ・メートルで周回する軌道上での接近、結合を安全にこなせれば、「HTVを国産初の有人宇宙船に」という夢へ一歩近づく。



 新型宇宙船「HTV」の役割とは?
 「HTV」とは「 H-II Transfer Vehicle」の略称で、JAXAが国際宇宙ステーション「ISS」に、水や食料、実験装置などを運ぶために開発した。製造は三菱重工業や三菱電機などが行う。

 「HTV」の最大の特徴は、自動操縦技術。ロケットで打ち上げられたあと、自動操縦で飛行し、高速の宇宙ステーションとぶつかることなく近づき、ISSのロボットアームでつかんでドッキングする。日本は10年前に国産の衛星どうしを、自動操縦でドッキングさせるという、世界初の技術を確立している。

 H-IIAロケットの能力増強型であるH-IIBロケットに搭載されて打ち上げられ、高度約400キロメートル上空の軌道上にある国際宇宙ステーションへ食糧や衣類、各種実験装置などの最大6トンの補給物資を送り届ける。補給が済むと使わなくなった実験機器や使用後の衣類などを積み込み、大気圏に再突入させて燃やす計画である。

「ISS」への補給手段は、スペースシャトルやロシアのソユーズと欧州のATVがあるが、スペースシャトルは2010年には退役を予定している。この後を担うのが「HTV」でスペースシャトルの代わりに「ISS」の船内用物資(日用品や実験装置)も船外用物資(ISS交換機器や曝露実験装置)も輸送する。

 HIIAと兄弟 HIIBロケットとは?
 HIIBロケットは、平成21年度の打ち上げを目指して、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業株式会社(MHI)が共同で開発を進めている我が国最大の新型ロケット。主な任務は、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を輸送する質量約16.5トンの宇宙ステーション補給機(HTV)を高度約300kmの軌道に打ち上げることである。

 HIIBロケットは、HIIAロケットの技術を活かした、より能力の高いロケット。液体酸素と液体水素を推進薬とする2段式ロケットで、本体横にはポリブタジエン系推進薬を使用した固体ロケットブースター(SRB-A)を装着し、加速を補助する。

 HIIAでは1基だった第1段液体ロケットエンジン(LE-7A)を2基搭載し、標準型で2本だったSRB-Aを4本装備する。また、第1段タンクの直径を従来の4mから5.2mに拡大し、全長を1m伸長することにより推進薬を約1.7倍搭載する。このように、いくつかのエンジンを束ねる(クラスター化)方法は、すでに性能の確定しているエンジンを使用できるため、短期間かつ低コストで開発を進められるという長所がある。

関連するニュース
HIIB開発責任者「100点以上の出来」


 「愚痴と言い訳の開発から、挑戦と成功の開発へ」HIIBロケットの開発責任者を務めた中村富久・宇宙航空研究開発機構プロジェクトマネージャ(57)は、手帳に書き込んだ言葉をかみしめながら、6年前の手痛い失敗を乗り越えた。 

 その失敗は2003年11月、情報収集衛星を積んだHIIAロケットの打ち上げだった。中村さんが開発を担当した補助ロケットの異常が原因だった。異常の兆しは、実は以前から見えていたが、根本的な対策を怠っていた。文部科学省の宇宙開発委員会で、「時間も予算も限られていた」と言い訳する宇宙機構に、委員長だった井口雅一・東京大学名誉教授が語ったのが、「言い訳でなく、挑戦を」という励ましの言葉だった。

 HIIBロケットの開発中、困難にぶつかるたびに、中村さんは手帳を開いた。

 そして迎えた11日の打ち上げ。成功を確認すると、種子島宇宙センターの地下12メートルにある管制室で、仲間たちと握手をして喜び合った。打ち上げを見守った米航空宇宙局(NASA)の幹部ビル・ガーステンマイヤー氏に「1号機なのに予定通りの時刻に打ち上げて成功するとは、日本の能力が高い証拠」とべた褒めされた。

 「100点以上の出来」。中村さんの笑顔がこぼれた。(2009年9月11日12時25分  読売新聞)


参考HP Wikipedia「宇宙ステーション補給機(HTV)」・JAXA「HTV/HIIB 特設サイト  

ISS国際宇宙ステーション 2010年 カレンダー

株式会社 ハゴロモ

このアイテムの詳細を見る
ビクセン VMC200L-SXW VMC200L-SXW

ビクセン

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキング ←One Click please