カッコウのたくらみ

 カッコウ(郭公)はユーラシア大陸とアフリカで広く繁殖する。日本には夏鳥として5月ごろ飛来する。「カッコウ、カッコウ」とよく鳴く鳥である。

 カッコウ科の鳥類は、仮親の巣に模様や形がそっくりな卵を産み落として育てさせる「托卵」が知られている。オオヨシキリ、ホオジロ、モズ、オオルリ等の巣に托卵する。近年ではオナガに対しても托卵を行うことが確認されている。

 カッコウのヒナは比較的短期間(10-12日程度)で孵化し、巣の持ち主のヒナより早く生まれることが多い。孵化したカッコウのヒナは巣の持ち主の卵やヒナを巣の外に押し出してしまう。その時点でカッコウの雛は仮親の唯一の雛となり、仮親の育雛本能に依存して餌をもらい、成長して巣立っていく。

 托卵を見破り、巣から落としてしまう鳥もいる。これに対してカッコウは、卵の色や斑紋などを仮親の卵に似せる。また、托卵する際に仮親の卵を巣から出して数合わせを行うこともある。また、ジュウイチというカッコウのなかまは、翼を使って偽のヒナを出現させ、巣にたくさんのヒナがいるように見せかける。

 カッコウが何故托卵をするのか?については、未だに解明されていないが、カッコウ自身の体温を保つ能力が低いためという説が有力である。



 アカメテリカッコウのヒナ
 今回、立教大学の上田恵介教授らは、センニョムシクイのヒナ寄生先(仮親)の鳥とヒナの姿をそっくり似せることで、仮親に自分のヒナと思わせて子育てをさせるカッコウを、豪州北部で見つけた。

 カッコウは仮親の巣に模様や形がそっくりな卵を産み落として育てさせる「托卵(たくらん)」が知られているが、卵ではなくヒナがそっくりなカッコウが見つかったのは初めて。

 観察した「アカメテリカッコウ」というカッコウは、「センニョムシクイ」という小鳥の巣に卵を産む。センニョムシクイは色も模様も違うカッコウの卵を抱いてかえすが、ヒナの姿の違いに気づくと巣の外に捨ててしまう。このため、このカッコウのヒナは仮親のヒナそっくりな姿に進化したとみられる。

 他の托卵の例では、カッコウが卵の段階で仮親をだますことに成功すれば、仮親はヒナの姿が違っても育て続ける習性がある。同大大学院修士課程の佐藤望さんは、「仮親が目を光らせる段階が、卵の時期だったりヒナの時期だったり、鳥によってなぜ違うのか。謎に迫りたい」と話している。(2009年9月28日15時49分  読売新聞)


 托卵とは何か?

 托卵(たくらん)とは、卵の世話を他の個体に托する動物の習性のことである。代わりの親は仮親と呼ばれる。もともとは鳥類のそれを指したが、魚類や昆虫類でも見られる。

 托卵は、巣作りや抱卵、子育てなどを仮親に托す行為である。一種の寄生といってもよい。他の種に対して行う場合を種間托卵、同種に対して行う場合を種内托卵という。

 種間托卵でよく知られているのは、カッコウなどカッコウ科の鳥類が、オオヨシキリ、ホオジロ、モズ、オオルリ等の巣に托卵する例である。近年ではオナガに対しても托卵を行うことが確認されている。

 種内托卵を行う鳥類としてはダチョウやムクドリが知られている。ダチョウはオスが地面を掘ってできた窪みにメスが産卵、その巣にさらに他のメスも産卵する。これを最初に産卵したメスが抱卵する。


参考HP Wikipedia「カッコウ」「托卵」 ・NHKダーウィンが来た!「3羽?分身!謎の鳥


托卵
ひさうち みちお
青林工芸舎

このアイテムの詳細を見る
郭公―日本の托卵鳥
吉野 俊幸
文一総合出版

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキング ←One Click please