科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!
 今年の「しし座流星群」
 しし座流星群が活発化し、見られる流星の数が18日早朝にピークを迎える。日本では1時間あたり30〜80個とやや控えめの予測だが、少し早起きして夜明け前の空を見上げれば、願い事の一つや二つは頼めそうだ。
 
 しし座流星群は、33年周期で近づくテンペル・タットル彗星(すいせい)のちりの帯に、地球が突っ込むことで流れる。2001年には1時間に数千個流れた。

 今回の活発化は、彗星が1466年に近づいた際の帯に入るためとみられる。米航空宇宙局(NASA)が「モンゴル付近では1時間に500個くらい流れるかも」と発表し、日本発のツアーも組まれているが、時間がたってちりが拡散してしまっているとの見方も強い。

 1466年の忘れ物
 ピークの予測は18日午前7時の前後1時間ほど。月明かりはないが、日本では夜が明けている可能性が高い。ペルセウス座やオリオン座流星群と違い、急激に流れてすぐ収まる。

 東京都三鷹市の国立天文台で先月31日に開かれた一般向けの勉強会で、パリ天文台のジェレミー・ボバイヨン助教が「最新の計算では、1時間に100個程度。日本では30個ほどではないか」と紹介すると、約50人の天文ファンから残念そうな声が漏れた。

 日本で70〜80個と予測する国立天文台広報普及員の佐藤幹哉さんは「500年前のちりのため、予測は難しい。予想以上に流れることを、私も願っています」と話した。(asahi.com 2009年11月15日)
 
 流星の正体
 流星は、宇宙空間をただよう0.1ミリメートルから数センチメートルの「流星ダスト(ちり)」が、秒速数10キロメートルという猛スピードで地球の大気に突っ込んできたときに発光する現象。発光する高度は上空100キロメートル前後ですが、これを地上から見ていると、夜空を一瞬で駆け抜けていく星のように見える。

 流星がどの瞬間に現れるか予想するのは不可能、出現する方向や明るさもバラバラ。しかし、1年のうちに何回か、決まった時期に天球上の決まった方向を中心に飛ぶ流星の一群がある。

 これを流星群と呼び、流星が流れてくるように見える中心点を放射点(あるいは輻射点)という。その放射点が「しし座」のγ(ガンマ)星、アルギエバ(たてがみ)のそばにあるのが、しし座流星群、あるいはしし座γ流星群で、毎年11月下旬に活動が極大(出現数がもっとも多い時)を迎える。(出典:アストロアーツ)

 2009年しし座流星群の予想
 しし座流星群は、ときには1時間に数千個を超えるような流星嵐となる流星群である。近年では、2001年に1時間に数千個といった素晴らしい出現が日本で見られた。

 今年2009年のしし座流星群は、2001年の流星嵐と比較すると数十分の一にも及びませんが、ここ数年の中では少々多めに出現するかもしれないと予想される。ただし、予想される極大時刻は、日本の夜明け以降になるため、日本での観測条件は良くない。それでも、11月18日明け方の空が明るくなる直前の時間帯に、流星数が増加していくところが観察できるかもしれない。

 2等星までしか見えないような市街地で観察した場合、最も多く流星が見えると予想される11月18日の明け方4時〜5時の1時間に観察できる流星の推定数は、2〜3個。4等星が見えるような平均的な空ではおよそ10個弱、6等星が見えるようなきれいな空ではおよそ35個となる。 (出典:国立天文台)

 

しし座流星雨がやってくる
渡部 潤一
誠文堂新光社

このアイテムの詳細を見る
1450個収録≪しし座流星群2001年映像集DVD≫

アルタシステム

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキング ←One Click please