科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!
 米国、温室ガス削減目標表明か?
 米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は20日、オバマ米政権が温室効果ガスの中期的な削減目標の数値を近く表明するかどうか検討していると報じた。

 同国のトッド・スターン気候変動問題担当特使が同紙に対し、「我々は、暫定的な数値を示す方向に傾いている」と述べた。

 京都議定書が失効する2013年以後の温室効果ガス削減の枠組みを議論するため、12月にコペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)に向け、米国に対して、日本や欧州連合(EU)と同様に削減目標の表明を求める声が、国際的に強まっている。(2009年11月20日 読売新聞)

 世界の温室効果ガス削減目標
 日本政府が温室効果ガス 25%削減を発表してから、世界のいくつかの国で温室効果ガス削減目標を発表している。

 ロイアのメドベージェフ露大統領は11月18日、欧州連合(EU、加盟27カ国)とロシアの首脳会議で、温室効果ガスを15%から25%に削減目標上積みすることを発表した。これまでは7月に15%削減を表明していた。

 韓国の李明博(イミョンバク)大統領は11月17日、2020年までの温室効果ガス排出量削減中期目標を2005年比 4%減とすることを最終確定した。韓国政府によると、削減義務を負っていない開発途上国の中で、基準年との比較で総量削減目標を示したのは韓国が初めて。

 ブラジルのルセフ官房長官は11月13日、同国の2020年時点の温室効果ガス排出量について、特別な対策をとらなかった場合に比べ 38.9〜36.1%削減するとの目標を発表した。政府は、アマゾン熱帯雨林の伐採の抑制、農業の効率化、バイオ燃料の利用拡大などで達成を目指す。そこで問題。


問題1 世界で、温室効果ガスの排出量が多い国ベスト10を書きなさい。

 正解は次の10ヶ国。アメリカ、中国、ロシア、インド、日本、ドイツ、イギリス、カナダ、 韓国、イタリア、メキシコ、フランス、オーストラリア。

 ちなみに順位と、国名、排出量(単位100万t)は次の通り。
1位 アメリカ 5766.0、2位 中国 5627.0、3位 ロシア 1564.0、4位 インド 1264.0、5位 日本 1242.0、6位 ドイツ 816.0、7位 イギリス 579.0、8位 カナダ 519.0、9位 韓国 462.0、10位 イタリア 448.0、11位 メキシコ 432.0、12位 フランス 381.0、13位 オーストラリア 375.0。(JCCCA 2006年調べ)

問題2 新エネルギーとは何か?新エネルギーを書きなさい。

 新エネルギーは「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法」に規定されている。2008年4月に政令が改正され、現在指定されているものは再生可能エネルギーに限られている。

1.バイオマス燃料製造(アルコール燃料、バイオディーゼル、バイオガスなど)
2.バイオマス熱利用
3.バイオマス発電
4.太陽熱利用(給湯、暖房、冷房その他の用途)
5.太陽光発電
6.温度差エネルギー
7.雪氷熱利用
8.地熱発電(バイナリ方式のものに限る)
9.風力発電
10.マイクロ水力

 これ以外には、水素エネルギー(再生可能エネルギーを用いて水素を製造する場合)、燃料電池(再生可能な燃料を使用する場合)、廃棄物(再生可能な燃料を使用する場合)、コジェネレーションシステム、メタンハイドレート 、ハイブリッド自動車、燃料電池などもふくまれていた。

問題3 プラスチックのリサイクルやエコキャップの回収などがさかんに行われている。ペットボトルはプラスチック「ポリエチレンテレフタレート」でできているのでPETという記号で書かれている。ではPET以外にプラスチックを表す記号を書きなさい。

 正解は、PS、PE、HDPE、MDPE、LDPE、PP、PVC、PS、PVAc、PTFE、ABS、PF、EP、MF、UF、UP、PUR、PI など。 

 ポリスチレン(PS)、ポリエチレン(PE)、高密度ポリエチレン(HDPE)、 中密度ポリエチレン(MDPE)、 低密度ポリエチレン(LDPE)、ポリプロピレン (PP)、 ポリ塩化ビニル (PVC)、 ポリ塩化ビニリデンポリスチレン (PS)、 ポリ酢酸ビニル (PVAc)、 テフロン® — (ポリテトラフルオロエチレン、PTFE)、ABS樹脂(アクリロニトリルブタジエンスチレン樹脂)、AS樹脂、アクリル樹脂 (PMMA)、フェノール樹脂 (PF) 、エポキシ樹脂(EP)、メラミン樹脂(MF)、尿素樹脂(ユリア樹脂、UF)、不飽和ポリエステル樹脂(UP)、アルキド樹脂、ポリウレタン(PUR)、 ポリイミド(PI) 。  

 

チェンジング・ブルー―気候変動の謎に迫る
大河内 直彦
岩波書店

このアイテムの詳細を見る
気候変動―21世紀の地球とその後
トーマス・E. グレーデル,ポール・J. クルッツェン,松野 太郎
日経サイエンス社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキング ←One Click please