科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!
 アカントアメーバ角膜炎
 洗浄から除菌、保存までできるソフトコンタクトレンズ消毒液「MPS」について、国民生活センターが主な8製品を調べたところ、6製品については殺菌効果が不十分であることが分かった。

 MPSを巡っては、利用者の間で「アカントアメーバ角膜炎」という感染症が目立っており、同センターはメーカー各社に対し、殺菌効果を高めるとともに正しい使用方法を周知徹底するよう改善を要望。消費者庁も消費者に注意を呼びかける。

 この問題を調査している「薬害オンブズパースン会議」(代表・鈴木利広弁護士)は16日、厚生労働省と消費者庁に対し、実態調査の実施や同角膜炎の危険性を警告することを求める要望書を提出する。

 原生動物のアカントアメーバは角膜の傷などから侵入し、増殖すると、角膜炎を引き起こす。失明や視力低下の恐れもある。

 コンタクトの消毒は十分に
 日本コンタクトレンズ学会などによると、例年10人前後だった患者数が昨年、約80人に急増。今年も100人を超す見込みという。患者の8割以上はソフトコンタクトレンズの使用者で、2週間の使い捨てタイプをMPSで消毒しているケースが目立った。

 このため、同センターでは主な8社8製品の製品テストを実施。その結果、2製品は殺菌剤として使われる過酸化水素水と同等の効果があったが、残る六つは十分な殺菌効果がみられなかったという。MPSを巡っては、厚生労働省がメーカーに対し、殺菌効果の検査結果を報告するよう通知しているが、アメーバなどの原生動物は報告の対象外となっている。

 一方、MPSで感染を防止するためには(1)レンズ表面をこすり洗いする(2)清潔な液に一定時間以上浸しておく(3)保存ケースは洗って乾燥させる――などが必要だが、消費者に周知徹底されておらず、消費者庁などは注意を呼びかける。

 テストで「効果が不十分」だった1社の担当者は「目に優しい製品作りを心がけて殺菌効果を抑えていた。正しい使用法ならば十分感染を防げる」と話している。
(2009年12月16日03時32分  読売新聞)

 アカントアメーバ
 アカントアメーバ(Acanthamoeba)はいわゆるアメーバ型の原生生物の一種で、土壌中に普通に存在する土壌微生物である。淡水域やその他の場所にも広く分布する。アカントアメーバ属の大半はバクテリアを捕食して生活する従属栄養生物であるが、一部の種は感染性を持ち、ヒトや他の動物に対して角膜炎や脳炎(アメーバ性肉芽腫性脳炎)を引き起こす。

 細胞の大きさはおよそ12-40μm、不定形だが移動時にはおおよそ三角形から楕円形の形状を呈する。仮足の先端は丸く半球状で、細胞表面から多数の短い仮足が伸びる。このとげとげした形状が名前の由来でもあり(acanth- ; 棘、突起)、特に本属の仮足は "acanthopodia" と呼び分けられる事もある。仮足は時に根元から分枝する。細胞内には核小体を持つ細胞核や食胞、収縮胞、油滴などが含まれる。

 病原体としてのアカントアメーバ
 アカントアメーバに起因する病気はアメーバ性の角膜炎や脳炎である。後者はアカントアメーバが外傷から侵入し、中枢神経系へ拡散することで引き起こされる。前者は眼球の角膜への侵入による。アカントアメーバは眼球とコンタクトレンズの間でも増殖し得るため、日本やアメリカではコンタクトレンズの使用に伴う角膜炎が多く報告されている。

 しかし世界的に見れば、コンタクトレンズを使用しない場合でもアカントアメーバ角膜炎の発生が報告されている。角膜炎防止のため、コンタクトレンズの装着前にはこれを十分に洗浄し、水泳やサーフィンなど曝露の機会がある場合には取り外すことが推奨されている。

 共生細菌でパワーアップ?
 A. polyphaga など一部のアカントアメーバは、細胞内に様々な共生細菌を保持している。この共生細菌には Caedibacter 属に近縁なもののほか、公衆衛生において重要な細菌であるレジオネラや、その他のヒトの病原菌も含まれており、従って潜在的な病原体の温床としても懸念されている。これらの共生細菌がアカントアメーバにもたらす利益については未だ明らかでない。

 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は多くの抗生物質に耐性を持つ多剤耐性菌として、臨床の現場において重要な病原菌である。2006年、バース大学の研究グループが、アカントアメーバ A. polyphaga の細胞内において MRSA の感染と増殖が認められる事を報告した。A. polyphaga は環境中に普遍的かつ広く存在するアメーバであり、これがシスト化すると運搬体として MRSA の空中分散に寄与する。アカントアメーバは MRSA を1000倍に増殖させるという報告も為されている。加えて、アメーバより得られた MRSA は通常の菌よりも薬剤耐性が高く、毒性が強いものであることが示唆されている。

 土壌生態系における役割
 A. castellanii は土壌生態系の中に高密度で存在しており、バクテリアや菌類、他の原生生物などを捕食している。この種はセルラーゼやキチナーゼといった様々な分解酵素を分泌し、獲物を消化することができる。このような働きは土壌中の有機物分解に寄与し、微生物環の一部を構成するものであると考えられている。(出典:Wikipedia) 

 

ロートCキューブソフトワンモイストi500ml ソフトレンズ用洗浄・すすぎ・消毒(保存)液

ロート

このアイテムの詳細を見る
オプティフリープラスダブルパック(360ml×2) ソフトレンズ用洗浄・すすぎ・消毒(保存)液

アルコン

このアイテムの詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキング ←One Click please