天気図記号

 テレビの天気予報で使う天気図には地上天気図が使われている。では地上天気図にはどんなものが描かれているのだろうか?

 正解は、等圧線、高気圧、低気圧、前線などの気圧分布(気圧配置)が表されている。気圧という概念は大気の現象及び擾乱に非常に深く関連しているので、等圧線や低気圧、高気圧などの分布から、その地点のおおよその天気が予想できる。

 これ以外には、解説用に「雨」「晴れ」「寒気」といったものを表す記号を用いたり、雨の区域を色分けしたりすることで、大まかな気象状況を表現する。

 地上天気図において表されている気圧及び等圧線は、海抜0m における海面気圧を記したものである。気圧は高度とともに減少するため、通常は地上気圧よりも低めの気圧が観測される。地上天気図を作成するために、観測したデータは海抜0mの気圧へと補正計算される(これを海面更正という)。



 国際式天気図と日本式天気図
 学術用・気象予報用の正式な地上天気図には、世界気象機関(WMO)が統一基準を定めた国際式天気図が用いられている。

 ただし、日本においては、研究機関や気象庁などの専門機関では国際式が使用されているが、より簡易で分かりやすい日本式天気図も用いられている。

 日本式天気図は国際式天気図を簡略化したもので、国際式に比べて作成が容易な割には、天気図を使った天気の予想なども可能であり、マスメディアでの気象情報用のほか、個人での予報用、初等教育・中等教育段階での気象教育などにもさかんに用いられる。

 図では日本式天気記号と国際式天気記号を表している。ごらんになってわかるようにかなり違いがある。

 風向や風力を羽根で表したり、気温や気圧を数値で表すのは同じであるが、風力の表し方は日本式は12本の矢羽根で表すのに対し、国際式では3種類の矢羽根で、5ノットごとに表す。風力はメートル毎秒やノットを使う。1ノット(kt)は、(1,852/3,600) m/s。 約 0.5 m/sである。これ以外は日本式と国際式はまったく違った表し方をする。


 情報量の多い国際式天気記号

 日本式では○に中に天気を表すが、国際式では雲量を表す記号を入れる。次に丸の左に視程(規定された数字2桁)と天気(記号)、上に巻雲・巻積雲・巻層雲(上層雲)の状態(記号)、および高積雲、高層雲、乱層雲(中層雲)の状態(記号)、右上に気圧(十の位から小数点第一位)、右に気圧変化量(過去3時間、hPa)と気圧の変化傾向(記号)、右下に層積雲・層雲・積雲・積乱雲(下層雲)の雲量(規定された数字1桁)、および過去の天気(3時間前か6時間前)、および降水量(過去12時間、mm)、下に層積雲・層雲・積雲・積乱雲(下層雲)の状態(記号)、および雲底(規定された数字1桁)、左下に露点温度(摂氏)をそれぞれ示す。

 国際式の天気記号も日本式とはまったく違う、また、上層、中層、下層の雲の状態や気圧変化量(過去3時間、hPa)と気圧の変化傾向、過去の天気と降水量、雲底の高さ露天温度などはるかに情報量が多い。(参考:Wikipedia)

 

気象・天気図の読み方・楽しみ方
木村 龍治
成美堂出版

このアイテムの詳細を見る
気象予報のための天気図のみかた
下山 紀夫
東京堂出版

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキング ←One Click please