科学大好き!アイラブサイエンス!最近気になる科学情報を、くわしく調べやさしく解説!毎日5分!読むだけで、みるみる科学がわかる!
 珍しい元日月食
 月が部分的に欠けて見える部分月食が来年2010年1月1日未明、日本全国の西の空で観測できる。元日の月食は少なくとも過去半世紀はなく、珍しい。

 国立天文台によると、欠け始めるのは午前3時51分。地平線に近づきながら欠けた部分は大きくなり、ピークは同4時22分。月の左下の部分が8%ほど欠ける。同5時23分には満月に戻る。

 注意して観察しないと気づかないほどの小さな月食だが、晴天であれば肉眼でも見えるという。早朝なので、年越しの初詣でのついでに夜空を眺める人が増えそうだ。

 2010年は、1月15日に東南アジアで金環日食が見られ、西日本でも欠けたまま沈む太陽が観測できる。6月26日には月の半分ほどが欠ける部分月食、12月21日には、月が欠ける最中に昇ってきて間もなく皆既になる月食も見られる予定だ。(2009年12月29日19時21分  読売新聞)

 2010年初日の出
 国内の主な場所での初日の出時刻は以下のとおり(場所の違いなどにより、1分程度の差がある可能性がある)。

 札幌 7時06分 仙台 6時53分 新潟 6時59分 東京 6時50分 名古屋 7時00分 大阪 7時05分 福岡 7時22分 那覇 7時16分  南鳥島 5時27分 富士山山頂 6時42分 犬吠崎 6時46分

 日の出とは、太陽の上端が見かけ上地平線(または水平線)に一致した時刻を指す(日の入りも同様)。 ただし、地平線近くの太陽は、大気の影響(大気差)で実際よりも浮き上がって見えるため、実際にはまだ地平線の下にある太陽が、大気の影響がないと考えた場合と比較して4分ほど早く「日の出」をむかえる。

 日本でもっとも早く初日の出が見られるのは、日本の東端である「南鳥島」で5時27分。本州では「富士山山頂」(6時42分)、平地に限れば千葉県の「犬吠埼」(6時46分)になる。

 なお、日の出のもっとも早い場所は季節によって変わる。 一方、日本の西端である「与那国島」の初日の出は7時31分で、日本の東西で実に2時間以上の差があることになる。

 2010年の主な天文現象
 1月 1日 部分月食 食分8.2% 欠け始め 03h52m 食の最大 04h23m 食の終わり 04h54m
 1月15日 金環日食(アフリカ,インド洋,中国) 国内では西日本で日没帯食(欠けたまま沈む)
 1月25日 20h頃 プレヤデス星団の食 月齢9.8 好条件
 6月26日 部分月食 食分54.2% 欠け始め 19h17m (鹿児島では月出(19h24m)前)  食の最大   20h39m 食の終わり 22h00m
 8月12/13日 ペルセウス座流星群極大 3大流星群の1つ。極大前後は月明かりなく観測できる。夜半前は出現数はやや少ないが、明け方になるにつれて出現数は増加する。出現数は13日未明には50〜60個/時程度。
 12月14/15日 ふたご座流星群極大 年間最大の出現を見せる流星群。上弦の月が夜半に沈んでからは月明かりなく観測できる。出現数は60〜80/時程度。
 12月21日 皆既月食 全国で月出帯食(欠けた状態で月出) 欠け始め  15h32m  皆既始まり 16h40m (鹿児島は月出(17h14m)) 食の最大 17h17m  皆既終わり 17h54m 食の終わり 19h02m (出典:せんだい宇宙館) 

 

理科年表 平成22年 ポケット版
国立天文台
丸善

このアイテムの詳細を見る
天文年鑑〈2010年版〉

誠文堂新光社

このアイテムの詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキング ←One Click please