サイエンスジャーナル

自然科学大好き!サイエンスジャーナル!気になる科学情報をくわしく調べ、やさしく解説します!

はやぶさ2

ここまでわかった!小惑星イトカワの歴史の一部判明 !太陽系誕生から現在まで起きた4つのイベントとは?

はやぶさのサンプル分析

 「はやぶさ」といえば、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時、以下同様)に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機である。イオンエンジンの実証試験を行いながら、2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達し、その表面を詳しく観測してサンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億kmの旅を終え、地球に大気圏再突入した。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンは、世界初であった。

 持ち帰ったサンプルは、2010年11月16日までにA室内から微粒子が約1,500個が回収され、分析の結果、岩石質であった。回収された微粒子の組成が地球上の岩石と異なり、隕石の組成や観測データから推定されたイトカワ表面の組成と一致したことなどから、大部分がイトカワ起源と判断された。分析はその後も続けられている。粒子の初期分析は2011年1月に開始された。3月にはアメリカで開かれた第42回月惑星科学会議で中間報告が発表された。


続きを読む

「はやぶさ2」小惑星目指して地球に接近!重力で加速するスイングバイとは何か?

 「はやぶさ2」、12月3日スイングバイ

 小惑星探査機「はやぶさ2」が12月3日、地球の引力を使って軌道を変更し、加速する「地球スイングバイ」のため、地球へ接近する。打ち上げからちょうど1年、久しぶりに地球へ近付くはやぶさ2の雄姿を記録しようと、国内外の天文台がはやぶさ2の撮影に挑む。

 地球スイングバイは、地球をかすめて通ることによって、地球の引力と地球が公転するスピードを利用し、ほとんど燃料を使わず軌道や速度を変える探査機の航行技術。昨年12月3日に打ち上げられたはやぶさ2が、地球と火星の間の軌道にある目的地の小惑星リュウグウへかじを切る重要なミッションだ。


続きを読む

2015年、日本の将来が心配だ!2014年、国益を考えた10大科学ニュース

 ハッキリしない国の方針

 2014年が終わった。ここ数年は危機感を持って、この国を見ているが相変わらず方向性がハッキリしない展開が続いている。

 国会が解散の後衆議院選挙があったが、予想通り自民党が圧勝。投票率は過去最低の52.66%、比例代表52.65%だった。一般の人が政治に希望がもてないからだが、かといって何が正しいか真剣に理解していない。

 たしかに安部首相はアベノミクスを推進した、アベノミクスは、金融緩和、財政出動、そして成長戦略の「三本の矢」から成る経済政策だ。金融緩和や財政出動は一定の成果をあげたものの、第三の矢の段階で行き詰まった。


続きを読む

はやぶさ2打ち上げ成功!生命の起源を迫る・究極目標は「火星に移住」

 はやぶさ2が小惑星への長旅に出発

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機はやぶさ2が12月3日午後1時22分、種子島宇宙センター(鹿児島県)から、H2Aロケット26号機で打ち上げられた。同日午後3時すぎ、予定の軌道に投入され、地球から3億キロ離れた小惑星1999JU3への6年間計52億キロにも及ぶ往復の長旅に出発した。

 日本の大型主力ロケットH2Aの打ち上げは20回連続して成功した。九州工業大学や東京大学などが作った超小型衛星計3機も相乗りして、軌道に放出された。打ち上げは天候不良の影響で、当初予定の11月30日から2回延期されていた。

 はやぶさ2は重さ約600キログラムの立方体で、小惑星イトカワからの試料採取、地球帰還に初めて成功したはやぶさの後継機。目標は、地球と火星の軌道の間を回る小惑星1999JU3で、水分や有機物を含み、原始太陽系の痕跡をよりとどめているとみられる。その岩石試料は太陽系の起源を解く鍵になると期待されている。トラブル続きだったはやぶさの教訓から、イオンエンジンや通信用アンテナを改良し、より野心的な探査を狙う。


続きを読む
科学用語でクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • ノーベル賞予想に日本人研究者!フレキシブルで軽量「ペロブスカイト太陽電池(PSC)」、宮坂力特任教授
  • 定説覆す!恐竜の「色付き」卵を発見、カラフルな卵を産むのは、鳥だけの特権ではなかった
  • ニュートンもびっくり!量子力学の世界では等速直線運動せず!慣性の法則が破れている?
  • 前人未踏の世界へ!世界初、マントルを直接掘削!JAMSTEC掘削船「ちきゅう」の挑戦
  • 土星探査機「カッシーニ」 燃え尽きて20年間の任務終了!タイタンにメタン、エンケラドスに水...数々の成果
  • 「シーシェパード」今年の調査捕鯨妨害停止?過ぎた環境保護は問題、オーストラリアではサメによる被害急増
最新記事
livedoor プロフィール

 サイエンスジャーナルに
 関する、取材の申し込みや
 お問い合わせは、記事の
 コメント欄にご記入お願い
 致します



logo

bnr-yt-fact-min

The Liberty Web
未曾有の危機到来!
自分の国は自分で守ろう!

最新コメント
太陽の法―エル・カンターレへの道
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る
黄金の法―エル・カンターレの歴史観
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る

楽天SocialNewsに投稿!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←Click
人気ブログランキングへ     please

月別アーカイブ
まぐまぐ

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

最新科学情報やためになる
科学情報 をメルマガで!
540円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


ダイジェスト版
Yes,We Love Science!
もご利用下さい。

ツイッター相互フォロー
科学・環境・Twitter情報局
をご利用下さい。

 現在、記事の一部しか表示
されません。記事のすべてをお読み頂くためには、
メルマガ登録後に配送される
パスワードが必要です。
 御登録お願い致します。
なおパスワードは一定期間
ごとに変更されます。



























































































Let’s tweet Science!
















































理科学検定に挑戦しよう!






























































































  • ライブドアブログ