いつかイルカと会話できるかも

 9月3日、東海大学はイルカがヒトの言葉をまねられることを世界で初めて実証したと発表した。この研究成果は同大学海洋学部生物学科の村山司 教授らの研究チームによるもの。

 同教授は飼育されているイルカ類を対象に、感覚・知能・行動の実験的解析を実施しており、今回、千葉県の鴨川シーワールドで飼育されている「ナック」において、イルカがヒトの言葉をまねることが実証されたという。

 イルカの認知機能の研究は世界でもまだ例が少なく、日本国内で同分野を専門に研究しているのは村山教授だけ。ナックが話す言葉は現在、「おはよう」「ピヨピヨ」など8つの言葉で、まだ「オウム返し」段階だが、村山教授は「物に応じた鳴き声を発することができるので、言葉の意味を理解して発音することもできるはず。ゆくゆくは"何がしたい?"と聞いたら"エサを食べる"とか"遊びたい"と会話ができれば」と期待を寄せている。


続きを読む