上野でパンダ赤ちゃん誕生

 上野動物園(東京・台東)の雌のジャイアントパンダ「シンシン」(11歳)が12日正午前、赤ちゃんを出産した。都への取材で分かった。生まれたのは1頭で性別は不明という。シンシンの出産は2012年以来で、上野でのパンダ誕生は5例目になる。

 シンシンは2月末、雄の「リーリー」(11歳)と交尾。5月16日ごろから、主食の竹を食べる量が減るなど妊娠の兆候がみられた。19日ごろから4カ所の乳頭が目立つようになり、妊娠した際に分泌される尿中のホルモン代謝物の値が上昇傾向を示した。妊娠の兆候が強まったとして、25日から公開が中止されていた。

 パンダは妊娠していなくても、しているような特徴を示す「偽妊娠」のケースもある。「実際に出産するまでは、妊娠していたかどうかは分からない」(都担当者)といい、都は慎重に経過をチェックしていた。


続きを読む