2100年の世界人口は112億人、国連予測

 つい先日、70億人だった。地球の人口がもう74億人を突破しようとしている。早いものだ。70億人突破したのはいつのことだったろうか?

 2011年10月31日、地球の人口は70億人を突破した。国連によると、世界の人口は急激に増えており、1959年には30億人だったが、僅か半世紀で2倍以上増えた。そして、2015年7月1日には73億4947万人を突破し、80億に向かっている。

 今回、国連が最新の世界人口予測を発表した。それによると、2050年までに97億人に増えると予測、昨年の予測を約1億5000万人上回る数字だ。さらに2100年には、112億人が地球上にひしめくことになるという。


続きを読む