感動的な土星の輪

 土星の環は美しい。1610年、ガリレオが初めて土星を観測したとき、それを「環」だとは認識できなかった。「土星は3つの部分からできている。それは"耳"のようだ」と記している。1655年、クリスティアーン・ホイヘンスによって、初めて土星は環に囲まれていることが確認された。

 土星の環は、太陽系で最も顕著な惑星の環である。μm単位からm単位の無数の小さな粒子が集団になり、土星の周りを回っている。環の粒子は99.9%が純粋な水の氷であり、塵やその他の物質が少量混入している。 驚いたことに、1本だと思われた明るい輪が、数千本の細い輪が同心円状にならんでできていることを、ボイジャー探査機が発見している。

 太陽系の惑星の中で環(リング)を持つものは、木星、天王星、海王星に発見されているが、土星ほど見事な環は存在しない。太陽系以外の天体ではどうなのだろうか?


続きを読む