いよいよ10月3日からノーベル賞の発表

 今年のイグ・ノーベル賞の授賞式が9月22日、マサチューセッツ州のハーバード大学で開催され、立命館大学文学部の東山篤規 教授と大阪大学人間科学研究科の足立浩平 教授が「股のぞき効果」の研究で知覚賞を受賞した。

 イグノーベル賞の発表があり、10月の声を聴くと、もうすぐノーベル賞の発表の季節がやってくる。昨年、スウェーデン王立科学アカデミーが選んだノーベル賞受賞者には、医学・生理学賞で北里大特別栄誉教授の大村智さんと物理学賞で東京大宇宙線研究所所長の梶田隆章教授の2人の名前があった。日本人の2日連続受賞の吉報に、国内はもとより、海外からも称賛の声が寄せられた。

 今年も日本人が選ばれて欲しいものだ。嬉しいことに、トムソン・ロイタープレスリリースによると、今年は3人の日本人研究者が受賞候補に挙がっている。


続きを読む