熱中症と睡眠障害

 西日本と違い、ここ関東地方では空梅雨で蒸し暑い日が続いている。これだけ暑い日が続くと、体力を消耗し熱中症になる人が続出する。熱中症になりやすい人は、脱水傾向にある人、発熱のある人、睡眠不足の人が多い。夜はしっかり眠って体力回復に努めたいものだ。

 統計によると、日本の一般成人のうち約21%が不眠に悩んでおり、約15%が日中の眠気を自覚しているとの調査結果がある。こうしてみると、成人の5人に1人、つまり1500万~2000万人の人が不眠に悩んでいると推計される。背景には、人口の高齢化、ライフスタイルの多様化、24時間社会における生活リズムの乱れ、ストレスなどがあると思われる。

 健康のために睡眠はたいへん重要だ。睡眠は、心身の疲労回復をもたらすとともに、記憶を定着させる、免疫機能を強化するといった役割ももっている。健やかな睡眠を保つことは、活力ある日常生活につながる。


続きを読む