謎の暗黒銀河が大量に発見される!

 ニューヨーク州立大学および国立天文台の研究者からなる研究チームは、すばる望遠鏡アーカイブデータを解析し、かみのけ座銀河団の中に854個もの「超暗黒銀河」が存在することを発見した。

 「超暗黒銀河」とは、ちょっと聞いたことのない銀河だが何だろうか?

 調べてみると、「暗黒銀河(Dark galaxy)」とは、恒星をほとんど、あるいは全く含まず、ダークマターにより支えられている銀河で、ガスや塵も含むと考えられている謎の銀河だ。

 最近まで、暗黒銀河の存在は確認されていなかった。ブラックホールと似て、暗黒銀河は星をほぼ含んでいないため、光をほとんど出さないからだ。長い間、暗黒銀河の存在を検証するための新技術の研究が続けられてきた。

 2012年7月 スイス・チューリッヒ工科大学の研究者の手で世界で初めて12個の暗黒銀河が発見された。その方法は、近傍にある明るいクエーサーからの紫外線によって、光る暗黒銀河のガスを観測する方法であった。


続きを読む