関東を直撃した「台風9号」

 強い台風9号は22日午前、伊豆諸島付近を北進し、同日午後0時半頃、千葉県館山市付近に上陸した。神奈川県湘南地域では境川、目久尻川が増水し、珍しく避難勧告が出された。幸い近くに川や山もないので洪水や土砂崩れの恐れはなかったが、このようなときはどうしたらよいのだろうか?

 22日に関東に上陸した台風9号の影響で、県内では相模原市で1人が死亡したほか、横浜市や川崎市などで少なくとも8人がけがをし、約61万人に避難勧告が出た。交通機関も大きく乱れた。横浜地方気象台によると、23日も大気が不安定な状態が続き、昼前から夜にかけて雷を伴う雨が降ると予想されている。地盤が緩んでいる場所もあり、同気象台は引き続き警戒を呼びかけている。

 横浜市港北区や都筑区などを流れる鶴見川は、水位が普段より最大で約6メートル上昇した。県のまとめでは、22日午後8時現在、横浜市の一部や厚木市全域など県内14市町村の約26万世帯(約61万人)に避難勧告が出た。横浜市と葉山町で建物の一部破損が計5件あった。


続きを読む