サイエンスジャーナル

自然科学大好き!サイエンスジャーナル!気になる科学情報をくわしく調べ、やさしく解説します!

JAXA

JAXA小型ロケット「SS-520」4号機打上げ失敗!民生部品が原因?従来の約1/10、低コスト化(5億円)は実現するか?

 JAXA小型ロケットSS-520とは何か?

 JAXA小型ロケットは、観測用ロケットであり、科学観測・実験のために弾道飛行を行うロケットである。英語ではサウンディングロケット(sounding rocket)である。

 観測ロケットは通常、高度50kmから1500kmへ打ち上げられる。気球の最高到達高度(40km)よりも高く、人工衛星の最低軌道(120km)よりも低い圏内を調べる時に用いられる。ブラックブラントXおよびXIIでは到達高度はそれぞれ1,000kmと1,500kmに達し低周回軌道投入も可能である。観測ロケットにはしばしば余剰の軍用ロケットが用いられる。

 SS-520は宇宙航空研究開発機構(JAXA)傘下の宇宙科学研究所(ISAS)が開発し運用する固体燃料のロケットで、基本形の2段式の観測ロケットはJAXA最大の観測ロケットである。派生型の3段式の超小型衛星打上げ機は世界最小のローンチ・ヴィークル(宇宙ロケット)になる。


続きを読む

大西卓哉さん七夕にソユーズ宇宙船でISSへ打ち上げ!10月末まで、4カ月近くの長期滞在

 大西さん「ISS」に到着、「大きくて感動」

 「思った以上に快適な旅でした」。7月9日、ロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に到着した大西卓哉さん(40)は、長い飛行の疲れも見せず元気に語った。約4か月間に及ぶISS初滞在は、順調にスタートした。

 宇宙船は改良型で、機器の点検作業のため到着まで約50時間かかった。宇宙飛行士3人が到着し乗員6人となったISSで、地上と交信した大西さんは「たっぷり寝られたし、機内食もおいしかった」と、にこやかに話した。

 モスクワ郊外にある露国営宇宙公社ロスコスモスの管制センターとの交信には、大西さんの友人も参加。中学と高校の同級生、中嶋隆彦さん(40)、秋吉信彦さん(40)が「名実共に雲の上の存在になったけど、一緒にラーメン屋に行こう」などと呼びかけた。大西さんは「(ISSを)ソユーズから見た時は大きくて感動した。この感動をみんなと分かち合いたい」と、初飛行の喜びを伝えた。


続きを読む

いよいよ有人飛行へ!JAXA宇宙飛行士のストレス把握、閉鎖空間で実験

 今なぜ、宇宙開発か?経済に必要な自由と創造

 アベノミクスが掲げた3本の矢が「金融緩和」「財政出動」「規制緩和」であるが、景気回復の兆しが見えたかと思えば、「消費増税」「賃金引上げ要求」で、国民の経済活動の自由を奪っている。

 矛盾する経済政策を行ったことで、景気は腰折れ。今後の経済状況の先行きは不透明だ。今、日本が最も必要としているものは、富を生む新しい基幹産業を打ち立てることだ。価値あるものを創造することで富は2倍・3倍と増えていく。


続きを読む

「はやぶさ2」小惑星目指して地球に接近!重力で加速するスイングバイとは何か?

 「はやぶさ2」、12月3日スイングバイ

 小惑星探査機「はやぶさ2」が12月3日、地球の引力を使って軌道を変更し、加速する「地球スイングバイ」のため、地球へ接近する。打ち上げからちょうど1年、久しぶりに地球へ近付くはやぶさ2の雄姿を記録しようと、国内外の天文台がはやぶさ2の撮影に挑む。

 地球スイングバイは、地球をかすめて通ることによって、地球の引力と地球が公転するスピードを利用し、ほとんど燃料を使わず軌道や速度を変える探査機の航行技術。昨年12月3日に打ち上げられたはやぶさ2が、地球と火星の間の軌道にある目的地の小惑星リュウグウへかじを切る重要なミッションだ。


続きを読む

JAXA再び火星へ!衛星でサンプルリターン 「のぞみ(1998年打上)」のリベンジだ!

 火星の衛星に探査機、物質持ち帰る計画 JAXA

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6月9日、火星の衛星に探査機を着陸させて表面物質を持ち帰る計画を、政府の宇宙政策委員会小委員会に報告した。2020年代前半の打ち上げを想定。小惑星探査機「はやぶさ」や19年度に打ち上げ予定の小型の月面着陸探査機の経験をいかせば技術的に可能だとJAXA宇宙科学研究所が判断した。

 JAXAが火星を目指すのは、1998年に打ち上げられた「のぞみ(PLANET-B)」以来のこと。「のぞみ」は日本初の火星探査機で、M-Vロケット3号機により打ち上げられた。小中学校の教科書に取り上げられるなど広く国民の期待を集め、火星へ約1,000 kmまで接近したものの、最終的には火星周回軌道への投入を断念した。

 計画はおおむね了承された。さらに詳細な検討を行い、JAXAとして正式に決める。1月に決定された宇宙基本計画で今後10年間に3機打ち上げるとされた宇宙科学・探査分野の中型機の1号機という位置づけ。持ち帰った物質を分析して衛星の成り立ちなどを調べる。衛星はフォボスとダイモスの二つあるが、どちらに着陸するかは未定。続く2号機には太陽観測衛星などが検討されている。


続きを読む

JAXA、水星磁気圏探査機(MMO)の機体を公開!水星の謎“近日点移動”

 水星の近日点移動とは何か?

 水星は、太陽系最内縁に位置する小さな地球型惑星(直径4,879 km)であり、大きさは月と火星の中間である。 原始太陽系星雲の最も熱い領域で最後に生成された天体と考えられている。

 太陽に最も近い水星を私はまだ見たことがない。水星は紀元前から知られており、科学の進歩にも重要な役割を果たしてきた。1631年に、Gassendiが水星の太陽面通過を発見した。 「惑星とは、太陽より圧倒的に小さいものだ!」という事実は、古典的な当時の概念を大きく揺さぶった。

 水星には謎がたくさんあるが、1845年には、Le VerrierがNewton力学では説明できない水星近日点の移動を指摘した。 この解明は、Albert Einsteinが1915年に「一般相対論の証明」として見事に果たすこととなる。


続きを読む

JAXA宇宙日本食候補33品目を発表!あまり快適とはいえない宇宙生活?

 新しい宇宙日本食

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙飛行士の栄養バランスの向上、精神的ストレスの軽減、パフォーマンスの向上に寄与することを目的とし、宇宙日本食の更なる充実を図るため、新たな宇宙日本食の認証に向けた食品候補の募集を行った。

 応募された108品目の食品を審査した結果、33品目(21社)が選定された。国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在を予定している日本人宇宙飛行士に、日本食の味を楽しんでもらい、長期滞在のストレスを和らげ、仕事の効率の維持・向上につながることを目的としている。

 今回、選定された食品は、魚沼産コシヒカリや、みそ汁(京懐石 とん汁)をはじめ、北海道十勝牛のカルビ焼き肉、伊勢エビのチリソースなどやゼリー飲料(ウイダーinゼリー エネルギーイン)、カロリーメイトブロック(チーズ味)など多彩だ。


続きを読む

JAXA小惑星探査機「はやぶさ2」公開!12月打上げ、あの感動をもう一度!

 小惑星探査機「はやぶさ2」の機体が完成
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8月31日、2014年冬の打ち上げが予定されている小惑星探査機「はやぶさ2」の完成した機体を報道陣に公開した。

 「はやぶさ2」は、2003年に打ち上げられ、小惑星「イトカワ」の微粒子を採取し、2010年に地球に帰還した小惑星衛星「はやぶさ」の系譜に連なる探査機。初代「はやぶさ」が目指したような岩石質の小惑星ではなく、新たにC型(イトカワはS型)の「1999 JU3」という小惑星まで行き、粒子の採集などを行い、地球に帰還する予定。総飛行時間は6年で、総飛行距離は52億kmが予定されている。

 「はやぶさ2」は、小惑星で採取した石や砂を地球に持ち帰り太陽系が誕生した当時の姿や生命の起源に迫る予定で、初代の「はやぶさ」とは異なる水や有機物を含むタイプの小惑星を目指す。


続きを読む
科学用語でクリック!
ギャラリー
  • およそ太陽の10億倍!「重力波」の反動で、銀河の外に弾き飛ばされた「超巨大ブラックホール」を発見
  • 海藻の成長を促す「サルーシン」という物質に注目、アオサノリを水槽で短期間に育てる新技術開発!
  • 温暖化に勝つ!海に救世主“白化しないサンゴ”を発見!褐虫藻に違いはなく、「バクテリア」の存在に違い
  • 「がん」は健康な人でも普通に発症する可能性あり!「がん」の3分の2は゛DNAの複製ミス” と判明
  • 北極海の氷だけでなかった!南極の海氷も観測史上最小を記録、水循環変動観測衛星「しずく」の観測
  • およそ29年ぶり、明神礁「ベヨネース列岩」に噴火警報!西之島と溶岩に質の違い 新島にはならないか?
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
livedoor プロフィール

 サイエンスジャーナルに
 関する、取材の申し込みや
 お問い合わせは、記事の
 コメント欄にご記入お願い
 致します



logo

bnr-yt-fact-min

The Liberty Web
未曾有の危機到来!
自分の国は自分で守ろう!

最新コメント
太陽の法―エル・カンターレへの道
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る
黄金の法―エル・カンターレの歴史観
大川 隆法
幸福の科学出版

このアイテムの詳細を見る

楽天SocialNewsに投稿!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←Click
人気ブログランキングへ     please

月別アーカイブ
まぐまぐ

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

最新科学情報やためになる
科学情報 をメルマガで!
540円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


ダイジェスト版
Yes,We Love Science!
もご利用下さい。

ツイッター相互フォロー
科学・環境・Twitter情報局
をご利用下さい。

 現在、記事の一部しか表示
されません。記事のすべてをお読み頂くためには、
メルマガ登録後に配送される
パスワードが必要です。
 御登録お願い致します。
なおパスワードは一定期間
ごとに変更されます。

Let’s tweet Science!
















































































































































理科学検定に挑戦しよう!











































































































  • ライブドアブログ